住宅ローン審査落ちた理由は頭金?

頭金は、銀行などでローンを組む際に事前に用意しておく自己資金のことで、その金額が多いほど借入金額を減らすことができるので返済が楽になりますし、貸し手の銀行の安心度が増すというメリットがあります。
実際にどれくらいの金額を用意すれば良いのかというと、物件価格の20%と言われています。
つまり、1,000万円につき200万円程度は必要ということですね。
物件の20%という目安ができた頃は融資金額が物件の8割までが相場だったので、このような基準ができたそうです。
現在は状況が変わり、頭金無しでもローンを受け付けてくれる銀行もあるようですが、頭金の有無が審査に影響が及ぼさないはずがありません。
審査に落ちた理由に頭金が用意できなかったということは十分に考えられます。
住宅ローン諸費用を比較!審査基準の甘さに関係する?【お得な銀行は?】