自営業の住宅ローン審査基準は?

自営業の住宅ローン審査基準についてまとめてみました。自営業は、収入の浮き沈みが激しく、安定しないという評価を受けやすくなっています。経営されている方は、事業成功のため心を砕いて頑張っていることは伝わっていますが、世の中の動きにも影響を受けやすく、毎年必ず600万円以上の収入を得ているといった数字をアピールすることがポイントになってきます。住宅ローンの審査基準が甘い銀行などはあるのでしょうか?これは、直近の確定申告を3年分そろえて、500万円、600万円、650万円といった具合に上下が少なくローンの返済に十分な収入があるということが伝わるのがベストです。また、収入が多くても、金銭管理がズボラでは、長期にわたる返済の中でつまずくこともあります。頭金を作るなどして、金銭管理がしっかりしていることをアピールしましょう。

■参考 住宅ローン審査基準甘い銀行は?通りやすい!【勤続年数と年収】
住宅ローンの審査基準は銀行がすべてを公表しているわけではありません。そのため一般の方は推測するしかないのが現状です。ですから、審査に落ちてしまったという場合や自分はどうなるんだろうと考えているような場合にはこういった専門情報サイトで住宅ローン審査基準を確認しておくことをおすすめします。